忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
先日、川越に行く前にひばりヶ丘駅で下車、野暮用を済ませてからひばりヶ丘〜東久留米駅間にある南沢湧水群周辺を散策。
まずは六仙公園でこちら

もうほとんどが枯れ始めていたアヤメ。

そして道に迷いながら湧水池に立ち寄り、落合川沿いの散策コースを歩いた。
すると今度は

これ。ハナショウブかなと思ったのだけど、どうやらカキツバタらしい。
花が黄色じゃなければすぐに見分けることもできたのだろうけど。。。
帰宅後に調べてみれば、どうやら葉の形などからカキツバタと判断して良さそう。
黄色いカキツバタもあるそうだ。

アヤメはわかりやすいんだけど、ハナショウブとカキツバタはよく似ていて分かり難い。
どちらかを選べと言われても、判断に困るのは、自分とってはアヤメよりもハナショウブとカキツバタだな。

それと花とは関係ないけど、この日東京で始めてウグイスの鳴き声を聞いた。場所は向山緑地公園あたり。
そしてしばらく行くと今度は六仙公園近くでなんとカッコウの声が。
カッコウって高原とかのイメージだったけど、低地でも泣くことがあるらしい。
それにしても東京でカッコウとはね。

花といい、鳥といい、まだまだ知らないことばかり。

拍手[1回]

PR
一昨日の雨の日。ある駅の階段で事件は起こった。
なんてちょっと大げさだけど、久しぶりに激怒且つ落胆してしまった拙者でござる。

その日も、いつものように電車を降りて乗り換えるために階段を上り始めた時、目の前に突然の殺気。
足元の階段を見ていた目をちょいとあげてみると、数段上を歩く人が持っている傘の切っ先が自分の目をめがけて襲ってくるではありませぬか。
とっさに上半身を捻り、鼻先一寸のところに切っ先を受け流したでござる。お見事。

不意打ち卑怯なりと、拙者ツツツーとその中年者にかけより「何をいたすか!この無礼者!」と一喝。
するとかの者「あいすみませぬ」と一言。
しっかし顔は笑っており、全く反省いたす気配なし。
しかも傘を持ち直すでもなく、そのまま平行持ちのまま何事もなきがごとくに立ち去る始末。
その場に残された拙者は「なんだかな〜」。今は亡き阿藤海さんの気分。


それにしても現代人は傘を平行持ちして歩くマナーの悪い人が多いですな。
なんでだろ?持ちにくくないのかな?周りの人に迷惑になるってわからないのだろうか?
自分は傘を杖のようにして持つ癖ができているので、まず平行持ちはしない。その方がずっと楽だしね。
たまたま今読んでいる本によると「任侠映画の殺陣」の特徴のひとつに、次のことが挙げられるらしい。
〜殴り込みなどで刀を使う時は、腰に差すことはほとんどない。左手に持って行く云々〜
もしかして、傘を平行持ちする人って、ヤクザの殴り込みでも気取ってんのかなあ。
だとしたら外国の人は平行持ちやらないか?

冗談はさておき、ひところ「おもてなし」なんて言葉がいたるところで使われていたけど、こんなマナーの悪い人が多い日本で本当に外国の方々を「おもてなし」なんかできるんですかねえ。
マナーといえば、条例で禁止されている「歩きタバコ」は無くならず、家の前や駅に至る道でも、そこらじゅうに吸い殻が捨てられているし。
掃除するのは誰だと思ってんじゃ、ばかたれ。おっと失礼。ついつい脱線&失言が。マナー云々言う資格、拙者になし?

(日本の街角。海外旅行中の皆さん、でも、やっぱり日本っていい?、よね)
まあなんにせよ、自己防衛のためにもこれから雨の日に駅の階段を上るときには気をつけねば。
自分の場合遠近両用のメガネを使っているので、階段ではどうしても足元を見ながら歩いてしまう。
しからばこちらは剣豪を気取って、「見越しの術」を使うといたそう。

拍手[1回]



忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
4 5 6 7 8 9 10
11 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ホームページ
最新コメント
無題(返信済)
(02/04)
日曜の朝(返信済)
(01/28)
お元気です?(返信済)
(12/28)
無題(返信済)
(10/06)
美味しそう♪(返信済)
(05/13)
ブログ内検索
プロフィール
HN:
じゅごん
性別:
男性
バーコード
最新トラックバック
カウンター
アクセス解析
フリーエリア