忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
どこの病院でもそうだろうけれど、病室は殺風景。よくても絵が壁に掛けてあるくらいか。
入院する人によって、どんな趣味を持っているかなど好みは様々だから、病室も一番無難な「白い部屋」になるのだろうな。

でもねえ。もし自分が長期入院するとしたら、毎日白い壁に囲まれてベッドの上で過ごすのは嫌だなあ。

そこで、ちょっと季節感を感じてもらおうと、母親の病室に今回は写真の「餅つきうさぎ」を置いてみた。

病院によっては生花もぬいぐるみも置けないところがあるくらいだから、ここはまだいい。これくらいは全く問題なし(以前天井についている医療用のレールが使用されていなかったので、モビールをつけたら取り外された(笑))。

今日は中秋の名月。東京では夜になると雲が少なくなって、綺麗な満月(ほぼ)が拝めた。
でも病室のベットからはお月見はできない。
せめてもと「餅つきうさぎ」を部屋に置いてはみたけれど、なぜこんなものがあるのか、母親にはもう理解できていないようだ。



拍手[1回]

PR
物心ついた時から釣りが好きだった。中学生以降はほとんど釣りに行くことはなくなったけれど、小学生の頃はよく父親に川や湖での鮒などの川魚釣りに連れて行ってもらった。
そのせいかな、今でも綺麗な川の側を自転車で走ったり、橋を渡るときには釣り人目線で水の流れを観察してしまう。

昨日は荒川、そして今日は柳瀬川。ここは清瀬市かな。

今までなんどもこの橋を渡ったけれどこんなに釣り人がいたのは初めてだ。
見える範囲で10人ほど。
落ち鮎釣りでもしているのだろうか。

橋の反対側に回って川面を見下ろせば、いるわいるわ。魚影が濃い。
大きな鯉の大群が少し離れた淀んだ浅瀬に。手前の深くなったよどみには鮎と思われる大きさの魚たち。オイカワもいるそうだがそれより大きく太い(と思う)。
柳瀬川では鮎の稚魚を放流したりしていたらしいけど、今でもやっているのかな?こんなにいるとは驚き。

そして、写真の一番手前の釣り人の仕掛けにはウキがついてた。最近の鮎釣りはどんな釣り方をしているかわからないけど、どうやら餌釣りみたい。
鮎の餌釣りというと思い出すのは静岡の安倍川での鮎釣り。
今は亡き叔父に連れて行ってもらった鮎釣り。
その時の餌はなんとシラス干しだ。
懐かしいなあ。全然釣れずにボウズだったけど。

拍手[0回]



忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
2 3 4 6
8 9 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ホームページ
最新記事
(10/10)
(10/07)
(10/05)
(10/01)
(09/30)
最新コメント
(09/19)
体調は?(返信済)
(09/18)
元気ですか(返信済)
(07/17)
無題(返信済)
(02/04)
日曜の朝(返信済)
(01/28)
ブログ内検索
プロフィール
HN:
じゅごん
性別:
男性
バーコード
最新トラックバック
カウンター
アクセス解析
フリーエリア