忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
自然は生き物には時として厳しく、情け容赦がない。。。けど生かしてくれるのもまた自然。
息をのむような美しい表情を見せる時もあれば、狂ったように暴れる時も。



古い写真でちょっと色が褪せてるけど、この時の西表の海は本当に綺麗だった。海に潜れば命のゆりかごみたいなところもあったよなあ。。。
だから、海は怖いけど、時々こんなふうにして、海に浮かんでのんびりしたり、魚や他の生き物があふれた珊瑚礁をのぞいてみたくなる。

拍手[0回]

PR
駅前の本屋をぶらぶらとしていたら、伊豆の海釣り場を紹介した雑誌に目がとまった。

思わず手に取ってパラパラとページを捲ってみると、伊豆半島の主な釣り場を空撮した写真が掲載されており、釣れる魚の種類や潮の流れなどがその写真に印刷されている。
そしてなんと白浜の写真には、釣りには関係ないが、よく見ると自分が住んでいたアパートまで写っているではないか。
毎日のように散歩した神社脇の磯ではシロギスが釣れるらしい。ただ、海水浴客やサーファーが多い浜のすぐ近くで、根がかりも多いから、釣り場としてはあまりいい場所ではないということである。
確かに、海底に砂が少ない時だと、キスを釣ろうにも直ぐに根がかりしてしまいそうな磯ではあった。
白浜だけでなく、外浦から爪木崎にかけての沢山の小島や入江、磯場の空撮写真にもそれぞれの名前が紹介されており、カヤックでツーリングした時のことが懐かしく思い出された。

それにしても、今当時を思い返してみて、下田にいる間にどうして一度も釣りをしなかったのか不思議である。小学生の頃は釣りが好きで、よく色々な所に行ったのに。
もっとも、海釣りはほとんどしたことがなかったので、何をどうやって釣ったらいいのか知らなかったし、道具を一からそろえる気力もお金もなかったというところかもしれない。
下田のカヤッカーで釣りも好きだというあるお方に、一度お誘いを受けたことがあったのに、お互いそのまま忘れてしまっていた。いろいろと教われば良かった。残念なことをしたと今になって思う。

実家にはもう釣り竿はないけれど、抽き出しの奥から昔使った「仕掛け」なんかが出てくる。

釣り糸は全く劣化していないようだ。よく考えると恐ろしい。

拍手[0回]



忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
7 9 10 12
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ホームページ
最新記事
最新コメント
元気ですか(返信済)
(07/17)
無題(返信済)
(02/04)
日曜の朝(返信済)
(01/28)
お元気です?(返信済)
(12/28)
無題(返信済)
(10/06)
ブログ内検索
プロフィール
HN:
じゅごん
性別:
男性
バーコード
最新トラックバック
カウンター
アクセス解析
フリーエリア