忍者ブログ
[1255] [1253] [1252] [1251] [1250] [1249] [1248] [1247] [1246] [1245] [1244]
二ヶ月前に中野の病院に母親が入院してから、何度も富士山を拝むことがあった。
天気に恵まれれば、7階にある病室やデイルームの窓から丹沢の山並みの向こうに富士山のお姿を望むことができた。
そして、2週間ほど前に母親が埼玉の病院に転院してからは、関越自動車道を走る自動車の窓から。
9月末の富士山はすでに冠雪していただろうか?今は見えるところはすべて雪に覆われている。
なんかあっという間に冬になってしまったような気がしている。

ところで、昨日は母の田舎、山梨の南巨摩郡へご先祖さまのお墓まいりに行ってきた。
途中、初めて使った新東名高速道路は富士山の裾野を通っているけれど、山は残念ながらほとんど雲に隠れてしまっていた。すぐそばにいるのに見えない富士山。

ところが、昼過ぎには東京に戻り、電車で病院へ行くと。。。
下車した駅からは、まっすぐに伸びる線路のはるか向こうに、赤く染まり始めた空を背景に、大きな富士山のシルエットがくっきり浮き上がっているではないか。
こんなもんだな、山は。見たいときにはなかなか姿を見せてくれないのに、こんなところでという思いがけない場所と時間に目の前に現れる。

さて、富士山の写真はうまくアップできないので、山梨県南巨摩郡に鎮座する山の写真を。



篠井山。
その手前、低い山と富士川に挟まれた、細長くて狭い小さな町にお墓がある。
写真は、川の対岸にあるJR身延線の駅の前から撮ったものだ。

子供の頃に見たこの景色には、これから始まる夏休みの楽しい田舎暮らしの時間にワクワクするばかりで、山の姿をじっくりと鑑賞したような記憶がない。
しかし今この歳になってあらためて篠井山を見ると、なかなか秀麗な山だと思う。
登ってみたいなあ。そして、あの山の向こう、十枚山との間にある「月夜の段」(名前がなんか興味をそそる)へも行ってみたい。




拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1
4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ホームページ
最新記事
(12/10)
(12/03)
(12/02)
(11/26)
(11/23)
最新コメント
(09/19)
体調は?(返信済)
(09/18)
元気ですか(返信済)
(07/17)
無題(返信済)
(02/04)
日曜の朝(返信済)
(01/28)
ブログ内検索
プロフィール
HN:
じゅごん
性別:
男性
バーコード
最新トラックバック
カウンター
アクセス解析
フリーエリア