忍者ブログ
[1247] [1246] [1245] [1244] [1243] [1242] [1241] [1240] [1239] [1238] [1237]
熱戦が繰り広げられたオリンピックもそろそろ終わり。今回の大会では日本のメダル獲得数が過去最高数を記録したとか。
だからというわけでもないだろうけど、久しぶりに興奮し、かつ記憶に残るようなプレーが多かったような気がする。
日本選手初とか、何十年ぶりかのメダル獲得に。そしてメダル獲得はならずとも、昨年に引き続き再び世界を驚かせた男子7人制ラグビーとか。
ほとんどがニュース番組での録画観戦でしたが、とても楽しませていただきました。

そして現時点ではまだ全ての種目が終わっていないけれど、やっぱり昨日の男子400mリレーは一番興奮した。
日本もとうとうタイムでもアメリカを上回るような選手たちが出てきたんだな。
自分にとって、陸上競技の中では短距離も長距離走もあまり好きな種目ではない。どちらかといえば、広いフィールドやコートをフリーランニングできる球技の方が今でも好きだ。それに高飛びや幅跳び。
だけど、なぜかリレーは見ていて興奮する。
なぜだろう?

と考えていると、小学生の頃の記憶が蘇ってきた。それは確か2年生の時。運動会のクラス対抗リレー代表に選ばれたことがあったんだっけ。
選手に選ばれるのはクラスで男女1名。確か1年生から6年生までの混合でリレー競走したのだったと思う。
そもそもクラスで一番足が速かったわけではないが、たまたま一番の生徒が怪我していたのではなかったか。それで担任のT先生が自分を選んでくれた。
現代だったらいじめにあっていても不思議ではない生徒だった自分に、いろいろと目をかけてくれたT先生。勉強もできず、運動しか取り柄のないど〜しようもない自分を選んでくれた。
もうこれは発奮しないわけにはいかないでしょう。

でも、結果は。。。
覚えていない。一生懸命走ったのは感覚として記憶しているが。
レースが終わって、クラスの輪の中に帰るときの満足感とちっぽけな誇りみたいなものを感じたのは覚えているけど。
あと思い出せるのは記念にもらった鉛筆1本。メダルより重い、T先生からもらった鉛筆1本だ。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
4 5 7 8 9
11 12 13 14 15 16
17 19 20 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ホームページ
最新記事
最新コメント
(09/19)
体調は?(返信済)
(09/18)
元気ですか(返信済)
(07/17)
無題(返信済)
(02/04)
日曜の朝(返信済)
(01/28)
ブログ内検索
プロフィール
HN:
じゅごん
性別:
男性
バーコード
最新トラックバック
カウンター
アクセス解析
フリーエリア